Dr. Jの仕事と子育ての記録

子育て世代を応援したい、趣味を共有したい、そんなブログです

【子育て】中学受験先取り!?低学年から日本地理を遊んで学べる知育ボードゲーム

この記事は、日本地理の勉強になる「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム5」の紹介と個人的な感想です。

 

日本の1都1道2府43県、全ての名前と位置を覚えるのはなかなか大変です。まして、各地の特産品などもあわせていくと覚えることは多いですよね。私自身は実は昔にテレビゲームの桃太郎電鉄が好きで何回もやっているうちに、自然と日本全国の位置や特産品をなんとなく覚えることができたという経験があります。

中学受験をすると各地の特色や特産品などを勉強することになるとは思いますが、もっと早い時期から遊びながら自然に覚えられるならば、社会の勉強導入の助けになるかもしれません。もともとはそういう目的で購入したわけではないのですが、遊んでみると日本地理の勉強としてよいのではないかという感想を持ったので、紹介したいと思います。

f:id:Dr-JUN:20240122220051j:image

 

どこでもドラえもん日本旅行ゲーム5とは

【概要】エポック社の商品でルーレットを回して進んでいくボードゲーム日本旅行ゲーム、世界旅行ゲーム、宇宙旅行ゲームといった内容で遊べる。

【対象年齢】 5歳以上

【プレイ人数】 2~6人

【プレイ時間】 約20~30分 (3人プレイ、日本旅行ゲームの場合)

【ルール】(日本旅行ゲームの例)

まず、好きな場所から始められます。ルーレットを回して、出た数の分すすんでいきます。日本の各地方「北海道」「東北」「関東」「中部」「近畿」「中国・四国」「九州・沖縄」のそれぞれに地域の特産品カードを最低1枚ずつ所持して、スタート位置になるべく早く戻れた人が勝ちです。お金のシステムがあるので、特産品を買ったり、便利な移動手段(タクシー、新幹線、フェリーなど)として使ったりして、なるべく有利にゲームを進めていきます。また、イベントカードもあり、それを引けるマスに止まった場合はカードを引いて、そこに書かれている効力を発揮します。

 

地理の勉強として良いと感じた点

県庁所在地を全部押さえている

各マスの名前に県庁所在地の地名が書いてあり、ほぼ全部の都道府県で書いてあります。唯一書いてないのは東京都で、ここだけは「東京」という地名のマスで、新宿区ではありません。

つまり、このマスに書かれている地名が頭に入ると、おのずと県庁所在地を覚えているということになるわけです。ちなみに、県庁所在地が書かれているマスの多くはおこづかいマスといって、ルーレットを回して、その数に応じてお金をもらえるマスです。

社会の勉強で県庁所在地の暗記を今もしているのかはわかりませんが、受験云々など関わらず、個人的には一般知識として覚えておいた方がいいんじゃないかと思っています。

 

f:id:Dr-JUN:20240209004343j:image

特産品カードで絵で覚える

信楽焼白川郷という名前だけみても、その物を知っていなければイメージとして残りにくいですし、そもそも文章だけ覚えるという記憶は残りにくいものだと思います。その特産品がどんな物なのか、絵で見れることは理解と記憶につながるんじゃないかと思います。カードにはちょっとした説明文も書いてあります。

ただ、ご覧の通り、絵のイラストだけで特産品の実物がイメージできるかと言われると、そうではない気もします。実物を知っていれば、イラストから実物を思い浮かべることができるとは思いますが・・・。

 

f:id:Dr-JUN:20240209004357j:image

 

新幹線、空港など主要な交通機関ものっている

社会の勉強において、主要な新幹線がどこを通っているか、主要な空港がどこにあるのかといった内容を覚えておくということも重要になってくるかと思います。やっぱり交通網は人の移動や物流という点で深く社会に関わってきますし、中学受験でもよく出てくる内容かと思います。新幹線の停車駅や路線図は、ゲーム内では実際よりかなり少ないのですが、導入としてはちょうどよいのではないでしょうか。

ちなみに、交通とは少し違いますが、このゲームでは種子島から宇宙に行けるようになっています。このように、日本の代表的な宇宙ロケット発射台もちゃんとゲーム内にでてきます。

 

受験に必要な知識とは程遠いくらいのざっくりした知識にはなりますが、良い点は幼いうちから遊べるので、何回か遊んでいるうちに、自然と知識が入ってくるかもしれないところかと思います。社会の勉強の導入になるかもしれません。

 

では。

 

【教育】インターナショナルスクール卒園後、週1回の英語塾でも英語力は伸びるのか?

この記事は、インター幼稚園を卒園後も、英語力を伸ばすために英語塾に通わせている体験談と、その効果についての感想です。

 

我が家は小学校に上がる前にインターナショナルスクールの幼稚園に通っていました。卒園後は私立の小学校に通っていますが、せっかく勉強してきた英語をもっと伸ばそうということで、英語の塾に通わせています。すべて英語で授業が行われるのですが、ただ授業は週に1回だけです。果たして、それでも英語力は伸びたのか?

結論からいえば、英語力は伸びましたし、幼稚園だけインターに通わせて、そこで英語教育をなおざりにしてしまうのは勿体ないです。その理由などについて書いていきます。

 

どんな英語塾に通っているのか

その英語塾ではいろいろなクラスのレベルがありますが、娘が通っているのはインターナショナルスクールの幼稚園卒園者や帰国子女を対象にした、全て英語で授業が行われるクラスに通っています。週に1回で、1回の授業時間が2.5時間です。日本の英語教育のように文法を重視してはいないのか、あまりテキストを見ても文法を練習するようなものはないです。

宿題の量がそれなりに多く、短い英語の物語を読んでサマリーを書いたり、英語の小説を読んで問題を解いたりするのが毎週出されます。なので、家で英語を読む量は多くなります。

 

メリット

単語力や語彙力、読解力は伸びる

授業時間自体は1週間のうちの中ではそれほど多い時間を費やしているというわけではありませんが、宿題の量が多いので日頃も英文に接することになります。英語の読み物を読んでいると、当然知らない単語が出てきますから、そういった単語を勉強することになります。

一般的な会話を英語でおこなうとなった時、大人になった時に読む英語の文章はやはり単語力は必要です。幼い子供の内容であれば、そんなに単語力は必要ないかもしれませんが、そこがゴールではないと思います。「知っている単語の量」は、その人の英語力の一つの要素であることは間違いないと思います。

 

デメリット

英会話の向上は期待できない

全て英語の環境とは言っても、週に1回だけですから、この時間だけで英会話の能力が上がるかと言われると疑問です。それに、基本的には授業形式ですから英会話レッスンのようにマンツーマンまたは少人数制ではないため、耳に入ってくる英語は多いかもしれませんが、アウトプットとして自分が喋る英語は多くないと思います。

もともとインター幼稚園を卒園した時点で、ある程度は英語を聞き分ける力があり、今では英語の海外ドラマを普通に見ているくらいです。ただ、アウトプットとして、英語を喋る、英作文を作る、という能力は英語を聞きわける能力に比べると明らかに劣っている印象です。そのことは予想していたので、我が家では英語塾だけではなく、オンライン英会話を週1〜2くらい、別に行なっています。それでも、やっぱり英語でしゃべるとなると、会話の主導権はあちらにあって、受け身として英語で答えていくという形になってしまいがちです。

 

幼児教育として英語を始めたら、続けないともったいない理由

幼稚園の時にインターに通って、英会話や英語の読解ができるようにはなりましたが、それはあくまで幼稚園生のレベルの会話です。母国語の日本語でもそうであるように、難しい言葉や難しい内容の話は小さい頃には出てきません。だからこそ、小さい頃から英語を始めること自体は大きなメリットだと思っていますが、続けていなければあまり意味がないと思います。身についたことでも、やらないことはすぐに忘れてしまいますし。

普通に日本で英語教育を受けた私にとっては一番苦手なのは英会話であり、英語を聞く能力です。受験勉強に裏付けられた英語教育はどうしても、読み書きの英語に偏りがちだと思います。せっかく幼児教育として英語の環境で勉強をして、この英会話や英語を聞く力が備わったのであれば、それを伸ばしてやることは大きなメリットになるはずです。

 

継続は力なり。

教育に答えはないと思いますので、あくまで一つの参考に。

では。

 

 

【雑談】古代の人も感じていたであろう、人を育てる難しさ

この記事では若手を育てることに関して、思い悩んでいるただの雑談です。なんの結論にも達していませんので、雑談というかただの悩みですので、悪しからず。

 

 2024年問題でクローズアップされている業種は建設業であったり、運送業であったりしますが、実は医療の分野も働き方改革の猶予期間を終了し、2024年から勤務体系が変わってきます。それに伴い、うちの職場では4月から若手の勤務に関して、ルール決めなど動いています。そして、勤務体系だけでなく、今まで個人に任されていた教育的なルール作りもしようってことで、中間管理職的な立ち位置の私は若手の教育を考えております。でも、どういった教育の仕方がよいのか、迷走をしている毎日です。人を育てるって、答えのない問答をしているようで難しいですね。

 

古代からあった「まったく、今の若い者は!!」

 「今の若い者は!」という愚痴は、紀元前のプラトンの頃の記録にもあるらしく、日本でも古くは平安時代にも、そういった趣旨の記録があるようです。世代間の常識の差は古代からあり、つまりはいつの時代も世代間の考えの違いを感じながら人々は生きているようですね。

年配の方も同じようなことに悩みながら、今の現役世代を育ててくれたんでしょう。そう思うと、当時はわからなかった偉大さに、ようやく今気付くことができます。

 

ただ、唯一わかることは「昔と一緒の教育方法ではいけないのであろう」こと

 昔と同じでいいなら話は早いです。自分がされたようにすればいいのですから。ただ、今では部下に負担をかけ過ぎるのも辞職やうつ病の原因にもなりますし、パワハラなんてことにも場合によっては言われてしまうかもしれません。昔の外科医の教育方法「見て学べ!」「手術をしたかったら、まずは下働きをしっかりしろ!」でしたから。

 では、どんな教育方法だったら、今の若手に受け入れられるのであろうか?この問いに最近悩まされています。今は価値観の多様性が叫ばれて久しい世の中です。そもそも自分がいくら考えたところで、独りよがりでは価値観の強要となりかねません。そして、個人の価値観をどこまで許容するのか?成果主義vs過程主義?プライベート重視の者より仕事重視の者を重用することは妥当なのか?・・・などなど。考えだすと、きりがありません。

 

相対的に減ってきている外科医

 医者の総数は年々増加しており、厚生労働省の見立てでは、2020年代のうちに医者の総数が過多に傾くとは言われていますが、外科医はそんな中にあって医師が増えない分野です。外科学会に参加すると、毎年「外科医を増やすためには」といったセッションがあります。地域によって深刻さは違い、東京などの都市圏は影響はほとんどないかもしれませんが、地方では影響が出始めていて、特に四国ではその年に新しく外科医になる医師が少なくなってきているようです。

厚生労働省HPより 診療科別医師数の推移

外科医は「教育=多く経験させる」的な要素が大きいので、頑張って経験してもらおうと思うと、どうしても若手医師の負担が多くなります。負担が多くなってしまうと、やめてしまうリスクもあり、そのバランスも非常に難しいところですよね。個人によってキャパシティが全然違いますから。外科医減少の背景もあるので、続けてくれたらそれだけでもありがたい、と思わざるを得ないところもあるのが正直なところでもあります。

 

まだまだ、なんの答えも見つからず、思い悩む時期は続きそうです。

ただの悩みでした。

 

では。

 

 

【コーヒー】アフリカのコーヒーは似通っている!?ケニア産マサイAAを飲んでみた感想 

この記事では、主なアフリカのコーヒーを飲み比べてみた感想です。

 

今回はケニアのマサイAAを飲んでみました。

スタバとかタリーズとかでも、コーヒー豆でケニアってありますから、馴染みのある名前ですよね。今までもアフリカのコーヒーだと「エチオピア」や「タンザニア」などの有名どころは飲んだことありましたので、その比較も含めての紹介です。

 

ケニアのコーヒー

コーヒー発祥の地「エチオピア」の隣国ではありますが、ケニアのコーヒー栽培は植民地化されてから本格的な栽培が始まったようです。そして、コーヒー栽培はケニアの産業の中でも比較的大きいウエイトを占め、重要な産業の一つ。

ちなみにAAというのはケニアコーヒーの等級の分類です。主には豆の大きさや形でケニアコーヒーは等級が決まってくるようですが、AAというのは一番大きなしっかりした豆ということになります。

 

どんな特徴か

一般的に紹介されている味の特徴は

  • 酸味がはっきりしている
  • フルーティーな香り
  • しっかりとした柔らかな苦味とコク

さっぱり系の味わいなんでしょう。なんだか、この前に飲んだタンザニアと似ていそうな雰囲気です。

 

飲んでみた感想

確かに、フローラルな香りが最初に香り、第一印象で酸味を感じますが、後味としてのコクもしっかり残っているバランスの良い、比較的飲みやすいコーヒーです。

他のアフリカの地域のエチオピアタンザニアと香りが少し違うかなと思いつつも、アフリカの他の産地のコーヒーと味わいはやっぱり似ているのかなという感想です。エチオピアタンザニアケニアも、地理的には隣接しているような場所ですから、ただ単に地理的に近いから、多少の違いはあるものの、同じような味わいになるのでしょうか。

ただ、アジアのコーヒー産地で今まで私が試したことがあるのは「インドネシア」と「パプアニューギニア」がありますが、この2つは味わいが全然違いました。場所的に同じアジアといえど、少し離れているから?標高の問題?

どんな要因で味の違いがでてくるのか本当に不思議に思いますが、いずれはコーヒーも詳しく勉強してみたいと思っています。コーヒーにも資格みたいなものが多くありますからね。

まぁ、その前にまずはファイナンシャルプランナー2級の勉強を頑張らなければ。(笑)

 

では。

 

 

【子育て】子連れでカニ釣りをするなら葛西臨海公園がおすすめな理由

この記事では、ファミリーでカニ釣りに出かけるなら葛西臨海公園をおすすめしたい理由について紹介しています。

 

子供でも手軽にできる釣りとして、カニ釣りがあると思います。ザリガニ釣りも良いと思いますけどね。ただ、都心エリアで家の近くにそんなスポットがあるというのは、場所として限られてくると思います。

ちょっとおでかけしていくのであれば、カニ釣りだけして終わってしまうのは少し物足りなさを感じてしまうと思います。となると、カニ釣り以外のことも遊べるところがやっぱり良いです。そして、比較的近い場所がなお良い。そんな場所としてちょうどよいのが葛西臨海公園だと思っています。

 

葛西臨海公園とは

江戸川区にある都立の臨海公園で、大きな芝生広場やバーベキュー広場、水族園や観覧車、鳥類園、浜辺など、いろいろある公園です。最寄り駅は、皆さんよくご存じの舞浜駅の隣にある「葛西臨海公園」です。

独身の頃は舞浜の手前にある葛西臨海公園にあまり魅力を感じていませんでした。そこまで行くならディズニーランドに行きたいからです。笑

子育てをするようになって、春から夏のシーズンはそんな葛西臨海公園にたまにおでかけするようになりました。ファミリーにちょうどよいおでかけスポットだったんですね。

 

 

カニ釣りができる場所・時期

カニ釣りをやっている人が多いのは汐風の広場や展望広場の前にある岩場のスペースです。カニ自体は夏のシーズンであれば、西なぎさの浜辺にもいますが、そこは釣るというよりは捕まえるという感じです。

カニ釣りができる時期を調べてみましたが、あまりはっきりしませんでした。ただ、冬は寒さの影響か、カニ釣りをしている人もいないようです。

我が家は夏から秋くらいのシーズンに行くことが多いですが、1時間くらいで10匹以上は釣れました。

 

おすすめの理由

都内からのアクセスが便利

我が家は車で行きます。理由は電車よりも車で行く方が近いということと、小さい折り畳み式のテントを持っていって広場で広げたりなど、荷物が多くなっても大丈夫だからです。例えば都庁からだと車で30分もかからないくらいです。駐車場は結構混むので、早い時間帯にいくのがおすすめです。

電車で行っても、「葛西臨海公園」駅の目の前にありますので、迷うことはありません。

カニ釣り以外でファミリー向けの遊び場が多い

バーベキュー広場でレンタルしてもよいですし、レストランでバーベキューもできます。大きな芝生広場で遊具を持っていって遊ぶのもよし(ただし海風があるので、バドミントンはやりにくいと思います)、夏であれば浜辺でも遊べます。園内を走っているパークトレインという乗り物もあります。

水族園は都立ということもあるのか、他の水族園に比べると格段に安いです。葛西臨海水族園の目玉といえば個人的にはマグロの回遊水槽と思っています。他のところではなかなか見られません。

その他、時期によっては水仙まつりがやっていたり、ひまわり畑があったりもします。

f:id:Dr-JUN:20240131230324j:image

 

カニ釣りの道具

  • 割り箸
  • 凧糸
  • スルメ
  • 入れ物 

どれも100均で買えます。入れ物はなんでもよいと思いますが、うちはプラスチックの使い捨てのコップを持っていきました。網はなくても良いですが、圧倒的に釣れる率が高くなります。釣り上げる時にカニがエサを離して落ちちゃうので、水面から上がったらすぐに網でキャッチします。家の水槽で使うような小さいやつがよいです。

 

注意点

足場が滑る

岩場のような場所が釣り場となりますが波がくるので濡れている場所が多いため、足場が滑りやすく、大人も気を付けていないと滑ってしまいます。転んでしまうと大変で、貝がらが岩にびっしりついているところがありますが、手をつくと切り傷ができてしまいます。

道具のレンタルや購入は釣り場の近くにはない

釣具のレンタルをしていたり、近くに道具を変える場所がありません。釣りに必要な道具はコンビニで買えるものが多いですが、園内にコンビニはありません。駅前にはありますが、釣場から駅前のコンビニまでは遠いです。

 

カニ釣り、大人も楽しめます。いろいろ楽しめると思いますので、おすすめです。

では。

【教育】公文の算数は中学受験に役に立つ!?やってみてわかったこと。

この記事では娘が公文の算数を4年間くらい習っていた学習内容とその感想、中学受験に役に立つかどうかの個人的な考察について書いています。

 

我が家では娘が幼稚園の時に公文の算数を始めました。コツコツ勉強して進んでいき、高進度学習者にもなりました。ただ、進めていくにあたって小学生でありながら、一次方程式が出てきたくらいから違和感を感じ、現在は算数はやめて国語や英語に変えました。自分が感じた公文の算数のメリット、デメリットについて書いていきます。あくまで、中1レベルの内容まで進めた中での感想ですので、ご注意ください。

 

メリット

計算力が鍛えられる

計算問題をひたすらこなしていくことになるので、計算力そして暗算力がつきます。また、何回も繰り返すことで、例えば分数の計算やひっ算などの計算方法にも慣れていきます。これによって、加減乗除の基礎的な計算力は伸びたと思っています。

勉強習慣を作れる

宿題を日常的にこなすことで、家庭での勉強習慣を作りやすくなります。我が家では、自発的に勉強をしているということはありませんでしたが、課題を提示すればおおむねそれをこなすくらいには、見ていなくても一人で勉強できるくらいの習慣はできました。ただ、公文だけやっていたわけではないので、これは公文のおかげなのかは断定はできませんが。

 

デメリット

文章題や図形問題がない

基本的には計算問題ばっかりなので、文章題や図形問題はトレーニングされません。文章題は「どういった計算を組み立てていけばよいのか、計算式を考えだす問題」ですから、求められるものが違います。図形問題も同じで、計算力ではなく発想力のようなものが必要になってきますよね。公文の算数の計算問題ばっかりというのは、少しバランスが悪いなと思ったのが正直な感想の一つです。

先取り勉強でしかない

ひたすら計算問題を解いていくわけですが、その問題の難易度は基礎的なレベルです。そして、基礎的なレベルができたら、次の単元にどんどん進んでいきます。小学2年生の終わりくらいで、小学生の範囲の算数が終わりましたが、その時に思ったことは、「ただ単に基礎レベルの計算を先取りでできるようになっただけで、小学2年生レベルの算数の難しい問題が解けるようになったわけではないし、それは意味があることなのか?」ということです。最終的には、それまでに加減乗除の基礎的な計算力はついたと思ったので、算数はやめました。

 

中学受験に役に立つかどうか

あくまで個人的な意見ですが、中学受験対策という見方から見ると、あまり役には立たないであろうと思います。理由は単純で、受験において基礎レベルの問題では差が出ず、応用問題や難解な問題が解けるかどうかで差が出てくるからです。また、文章題や図形問題がないことも中学受験勉強に不向きな理由だと思います。

でも、計算や暗算が早い方が問題を解くスピードが速くなって有利なのでは?と思う方もいるかもしれませんが、算数の問題で一番時間を必要とするのは、正しい解き方を見つける作業です。受験の算数は正しい解き方がみつかれば、計算式自体は比較的シンプルになるように作られているように思います。つまり、計算力はそこまで求められているようには思いません。

低学年のうちに基礎的な計算力を鍛えておくという使い方はいいかもしれませんが、比較的受験が近づいてきている時期に行う勉強ではないかと感じます。

 

あくまで個人的な感想ですので、悪しからず。また、中学受験勉強だけが小学生の勉強ではないですから、その点は各家庭の学習方針に則って考えていただければと思います。

 

では。

 

 

 

 

 

【雑談】映画「翔んで埼玉」に見られる個人的に好きな「埼玉県ネタ」

この記事では埼玉県で生まれ育った私が昔に「翔んで埼玉(初版の方)」を見て、個人的に好きだった埼玉ネタに関して紹介そして解説する、ただの雑談です。若干、映画の内容に触れているので少しネタバレの内容を含みます。

 

現在、翔んで埼玉の続編が上映されています。私はまだ見てはいないのですが、初版の翔んで埼玉は面白く見させていただきました。働き始めるまでずっと埼玉県で暮らしていたので、翔んで埼玉の埼玉ネタの数々が面白く、また、「これは埼玉県民じゃないと面白さが伝わらないのでは?」というマイナー過ぎるネタが豊富にあって、だからこそ埼玉県民の心に刺さったのではないでしょうか。歴代興行収入ランキングは、埼玉においては1位はタイタニックではなく翔んで埼玉だそうです。

 

埼玉県民が羨ましがる「海」という存在

日本には海に面していない県は8つありますが、埼玉はそのうちの一つです。他の海なし県の方々は、これほどまでに海を羨ましがっているのかどうかはわかりませんが、埼玉県民は海に対して憧れをいだいています。日常的に暮していて遠くに海が見えることがないですし、何というか海の気配が生活にないんですね。旅行が非日常を楽しむものであるのならば、埼玉県民において海というものは非日常そのもの。海を見ただけで埼玉県民はテンション上がります。

自分は初めて東京ディズニーランドに行ったとき、まず初めにテンションが上がったのは、舞浜駅に着く前の車窓から見た工業地帯の海でした。ディズニーランドに向かう人の中で舞浜駅に着く前にテンションが上がっている方を電車で見かけたら埼玉県民と思って下さい。

 

永遠のライバル、大宮と浦和

劇中でも浦和代表者と大宮代表者が言い争う場面がありましたが、大宮と浦和のライバル意識というローカルなところもネタにしていて嬉しく思いました。浦和は埼玉県に「さいたま市」ができる前の県庁所在地でした。大宮は新幹線の停車駅でもあり、埼玉県内で一番賑やかな街です。どっちが埼玉県で一番の街なのか問題で、この両者はライバル関係にあります。浦和には「浦和レッズ」、大宮には「大宮アルディージャ」と、隣にある都市なのですが、プロのサッカークラブチームが別々にある程です。

 

埼玉県民の身近な東京「池袋」

劇中で主人公達が、追っ手から逃げるために潜伏しているシーンがありましたが、そのシーンに映し出された「TOBU」デパートと「SEIBU」デパートの看板。これだけで、埼玉県民ならそこが「池袋」であることがわかります。サンシャイン水族館など池袋の王道スポットではなく、埼玉県に馴染み深いローカル線、東武鉄道西武鉄道を持ってくるあたりに心が鷲掴みされました。

埼玉県民にとって池袋は東京の玄関口です。埼玉から都心に向かう電車の多くは池袋に到着するか経由します。小学生の時に友達同士で遊びに行く最初の東京体験、それは池袋です。地方の方がいきなり東京に来るのは少し不安という話を聞いたことがありますが、それに似た感覚で、初めての東京訪問は深く東京に入りこまず、まずは玄関口にとどまる。池袋は埼玉県民にとって一番馴染み深い東京なんです。

 

ださいたまの誇り

「何もないけどいい所」

映画のポスターの片隅に書かれた何気ないフレーズですが、これぞ埼玉県民が自分達の県に対して思っていることを簡潔にまとめた言葉だと思います。

まず、観光地エリアと言えるところがほとんどない。秩父のエリアくらいでしょうか。もちろん観光地と言える場所はありますが、見どころが少しあるくらいで、1日通して遊べるエリアはあまり知りません。例えば、大宮の鉄道博物館とか川越の蔵造りとかは知られているかもしれませんが、半日で十分です。これという産業も多くはない。特産品は狭山茶深谷ネギ、草加せんべいくらい?なので、大学生になって友人から埼玉はどんなところか聞かれたことがありましたが、実際に「見どころは何もない」と答えたことがあります。

でも、それは特徴が何もないというだけです。埼玉の東京側はベッドタウンなので、通勤通学電車の混雑は大変ですが、日常生活の不便さはさほどありません。以前にあった全国住みにくい県ランキングで最下位の常連であり、人口に対する医師の数も全国最下位だったりして、ださい・住みにくいと言われていますが、それほどではないよといったところではないでしょうか。

 

埼玉ネタはまだまだあります。郷土愛でただの雑談がついつい長くなってしまいました。(笑)

 

では。